2006年07月03日

ひさびさ更新

ここ数日間毎日のように3時〜5時に寝て、6時から8時の間に目を覚ます生活を送っています。

ワールドカップとかどうでもいいです。テレビもラジオもつけずにレポート打ってます。
本日はあと2時間寝れるかどうか。
いや、1時間半っすね。
しかもひとコマ休めるものの、1限から5限まで授業ビッチリ。

とりあえず、レポートはコツコツやってても最後数日間は徹夜になることが判明。


眠い、寝ます。





いや、元気になってきた。
残るレポートはあと2つだけだし。水曜クラコンだし。
土曜花月園FI国際競輪だし。
その次の土曜は朝鮮語のテストだし。

だれか単位ください。金より単位が欲しいです。
競馬は大体当たるようになりました。
勝負レース見つけて一点買い。
最近チキンで100円張りしかしないから大して儲からんけど。
posted by シマシマ at 04:27| Comment(43) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

メンホーメンホー

あー、メンホーメンホー。なんかヤケクソです。
もうやだ。

「ほう・れん・そう」大切にしようよ。(←内輪ネタ)
前置きなしに去っちゃダメだばーて。(←別の内輪話)


ヤケクソで明日2限空きなので江戸川ボート行ってきます。実は三回目。
授業には支障をきたさぬよう2レースのみ。交通費込めて千円のみ。
とりあえず、学生は勉強が本分ですから。
(※未成年者及び学生生徒は…)

♪いざ行け〜いざ行け〜(暁の勇者より)
posted by シマシマ at 00:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

恐怖

竹島について、物申させていただきます。
ドクト(独島)という名称は許せません!

朝鮮(半島)語の語頭に濁音がくることはまずないし、語中でカ行、タ行が濁らないのはおかしい。よって独島は「トグド」と発音されるのが普通なはず。

















んな前フリはどうでもいい。
突如思い立って夏川りみ関連の2ちゃんを覗いてみた。
クソ怖ぇえ。

どこでどう叩かれるか全くわかんないな。
今回見た限りでは俺の話は出とらんかったが。
まぁ全くと言っていいほど公式(サイト)に書き込みしてないから当たり前だろうけど。

かつて公式に書き込んだとき、メアドのっけてから迷惑メールの嵐、いまだに一日10件くらい迷惑メールが来る。

りみファンはいい人多い反面、心貧しい人も多いんやね。
人数多いから比率の問題で当たり前なのかも知れんけど、なんかなぁ…。
って偽善者のような意見ですが。
posted by シマシマ at 22:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

久々更新

大学マジで楽しい!!日々是好日!(ひびこれよいひ、中国語ちゃいまっせ)


さて、久々ということで近況報告を。

◎尺八に目覚め、和楽器サークルに入る意思固まる。明日手続きします。
◎クラスコンパ開催。ビール、カシスオレンジなどグラスで数杯。
 さらに調子に乗ってピッチャーでがぶ飲み。焼酎を水割り、ファンタ割り、そして生で。
 帰り道の記憶が途切れ途切れ。飯田橋から一人だったのによく帰ってこれたもんだ。
 とりあえず、なぜか隣の駅から千鳥足で歌を歌って帰った記憶あり。
 「酒は呑んでも呑まれるな」気をつけます。
◎平和島で笹川さん家のお舟を見に行く。三連単取るも、結果的にはマイナス。張り方さえ合ってれば儲かってたのに…

みたいな感じです。




続いてスガイからのバトンを。

@はじめに回す5人
回しません。

A名前はなんですか?
シマシマ、しましま、しま島。
どれでもいいです。

Bおいくつですか?
18才
だけど、バイト中ガキンチョ(3歳くらい)に「オジちゃん」と言われました。

C職業はなんですか?
大学生、スーパーマン(イオングループ、主に品出し。たまにレジ)

D趣味はなんですか?
三線、競輪、競艇、尺八、釣り

E好きな異性のタイプは?
芸能人なら国仲涼子
都道府県で言うと千葉、京都、愛媛、長崎、沖縄系

F特技はなんですか?
ないよ。

G何か資格をもってますか?
ないです。
あ、英検3級と剣道初段。

H何か悩みはありますか?
あったりなかったり。最近はレポートなど、入学早々の課題の多さについて。

I好きな食べ物・嫌いな食べ物
好きなの→麺類かな。いや、ハマッ子としては華正楼の肉まん。
嫌いなの→多少はあるけどなんだかんだで食います。
メシ残すのが一番嫌いです。

J貴方が愛する人に一言。
あんカラ半ライスパックで。あー、やっぱあんいらない。

K次に回す人の他者紹介
回しません。意地でも回しません。
posted by シマシマ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

おとといの話

4/7
ガイダンスのため、まず大学へ。
なんとか終わり、サークル見学に行く。
尺八にはまる。和楽器いいなぁ。


終了後、「夏川りみ琉球カーニバル」(新コマにて)を見に新宿へ。
降り口間違えて南口に出てしまう。
たまたまJRAのウインズ発見。思わず桜花賞前日発売を買ってしまう。
やっちまった。
競馬好きじゃないのに…

【桜花賞馬券】
三連複4−8−12…200円(何も見ず、勘で買い)
単勝B…1000円(目の前のオッサンの新聞に書いてあった)
【結果】
14−8−12

でも、勘で買ってこれだけかするってのは奇跡かも。

まだまだ時間があったので西部新宿駅近くの店でズックスニーカー購入。
ちょうどいい時間になったので会場へ。りみ友の方々と会う。
開場。ペンライト(オレンジ)とパンフ購入。

客席内飲食OK。売り子も出てたし。
さすが新コマ。
高いので何も食わんかったけど。
席もそこそこ広い。自分の荷物(三線&リュック)が邪魔でちょっと狭くなったが。

いよいよ開演。
花笠被った琉舞の人たちがグルグルまわってた。ディズニーランドみたい。
段状になっており、最上部にはりぃーみぃー。
すげぇ!!宝塚みたい。
宝塚見たことないけど…。

24列目だったためちょっと遠かったけど、全体見渡せたので良席といえば良席。グレート!!
結構な曲数と、琉舞、琉球獅子舞、ダンスなどなど目白押し。

ゲストも豪華!新良幸人さん渋くてカッコイイ!
クソ上手い三線は押さえ気味だったようでちょっと残念でしたが。
鳩間可奈子さんも独特のよく通る声で最高!

りぃーみぃーのダンスもキレがあってすごいカッコいい!!
歌って踊れる歌手だったんだな〜と実感。

終わり間際、エイサー隊登場。
ゆいま〜る、ミルクムナリ、ハグしちゃお、などなど。
いつも通り会場照明が明るくなり、客も参加で大盛り上がり。

最後は豊年音頭でカチャーシー。
アンコールはもう一回豊年音頭。
やっぱりカチャーシーないとしまらんサーね。
一去年の綾瀬のりぃーみぃー&みぃーこ姉々ジョイコン以来、どのコンサートもちょっと不完全燃焼だったが、今回は燃えました。
チョー気持ちいい。

その後、りみ友のみなさんとゆんたく大会。
みなさん、ありがとうございました!

そして終電で帰宅。
最高の一日でした。
posted by シマシマ at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

上京

高校のときの定期がちょうど切れたってのと、おととい学生証が発行されたということで、本日、大学までの定期を買ってきました。

市ヶ谷までの定期持って、市ヶ谷の駅(正確には駅前・靖国通り沿いのの交番がある交差点)に降り立った瞬間、「あぁ、俺も『東京の人間』になるんだな」と実感しました。

どこの田舎もんだ、って感じですが、なんかホントにこみ上げてくるものがありました。
一応江戸っ子の血も流れてんだけどね。

【内訳(特定したからどうってこともないけど、すごいプライバシー情報)】
神奈川県央(座間・厚木)…50%
東京(ちょうど大学の辺りかな?)…17.5%
静岡(かなり愛知寄り)…17.5%
岩手…17.5%
島根…17.5%

雑種ですわ。
江戸時代ぐらいの感覚からすりゃありえないことですね。
こうやってみると、国際結婚もどうってことないのかも。

いや、さすがに国際結婚はしないだろうけど。
っていうか結婚できるかな?
まず彼女できるかな?
彼女欲しいわ〜



脱線しました。
定期は本当は湘南新宿ライン使いたかったのですが、割高だということで秋葉経由に。
しっかり萌えてきます。
ウソ。

まず、川崎寄れるのがありがたい。
桜花賞、アーバンナイトレース、競輪行き放題〜
そして定期外ながらも江戸川競艇は通える範囲。
さらに新橋の池武当新垣三線店。
そして神田神保町。

ありがたやありがたや。




神田といえば、本日、高校の大先輩Tさんと、Kさんにとある場所へ連れてって頂きました。
麦のサイダーと、○入りウーロン茶などご馳走になりました。

まず、かなり遅くなってすみませんでした。
そして、色々ありがとうございました!!

神田まで歩けるか、無難に総武線で行くか迷いつつ歩いて、一番中途半端(目白通りの交差点まで歩いて、なんか道に迷いそうで不安になり、結局飯田橋へ…)になっちゃいました。

神保町古本屋街のこと、大学のこと、その店でのこと、そして「あの」大先生のこと等々…
色々教えていただきました。

それから、Tさんから本を頂きました。
上野英信「地の底の笑い話」(岩波新書、1967年)
福岡合宿時、先生もこの上野英信さんについて何度かおっしゃってました。


今まで沖縄にしか目が向いていなかったので、色んなフィールドを掘っていく面白さをすごく感じ始めました。

切り口も、炭坑や基地、リゾート化など学びたいことに合わせてでも見れ、
公営競技の三競オート場(設置背景や客層→産業→首都圏?工業地帯?レジャーランド?、またなぜ衰退しつつあるのか?)やら民謡(生活苦を紛らわす楽しいもの、直に苦しみを歌ってる重いもの)やら「ただの趣味」からも多少は見えてくるものもありそうだと思いました。

今のうちできること、やりたいことをガンガンやってみたいと思います。
posted by シマシマ at 23:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

入学式

武道舘人多すぎじゃ!
でもめったにない機会だったんで、まぁよかったです。

九段下からの道の桜が最高でした。
桜吹雪が「まさに入学式だなぁ」という感じ出してました。

でも実感湧かねぇ…
入学式が他人事みたい。
これからの大学生活すごく楽しみではあるんだけど、なんかぼーっとしちゃってますわ。
しっかりせねば。


あれだね。
人生って競艇。
ゴールかと思いきや、やっと今スタート切ったとこ。
今まで切ってきた数々のスタートはスタート展示に過ぎない。
まだまだ、これからだ。



↑これ競艇のキャッチコピーで使ってくんねぇかな。絶対無理だが。
1マークで決着ついて格差広がってく辺りもまさしく競艇みたいだと思うんだけど。
つーか受験燃え尽き組じゃないから俺には当てはまらんフレーズやけど。















まぁいつもの如く何が言いたいのかよう分かりませんが…
とりあえず、みなさん献血しましょう!(←そんな話だっけ?)

本日、入学式やら学科のガイダンスやらの後、小学校の時のクラス会(諸事情により、結局参加せず)があり、その待ち合わせまで時間を持て余していたので、勢いで初献血してしまいました。
ジュース3本(献血前に缶紅茶、献血直後にスポーツドリンク、最後にパックの野菜ジュース)とビスケット、応急処置セットなど色々もらいました。
最高〜(?)
posted by シマシマ at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

ケーニッヒケルベロスvsサイクロンマグナム

今日は大阪旅行メンバーで

昼飯(喫茶店チックな食堂)→カラオケ3時間→バッティングセンター、パターゴルフ対決→ボウリング→夕飯(カレー屋)

と、遊びまくってました。



naoが一人で、馬に乗ってレースをする(実際に体も動かすやつ)競馬ゲームに夢中になっていたのが印象的でした。
最初は100円入れると動くドラえもんの遊具に乗りたいとおっしゃっていたのですが、みんなで止めたので仕方なく競馬のゲームにしたようです。

↑半分ウソ。でも半分本当。
とりあえず写真&CD−Rサンキュー!!
ムービー版すげぇわ。ホントにありがとう!
posted by シマシマ at 23:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

「平和の集い」

マック、フィッシュ(我が部の旧部長)と共に、
新宿区平和都市宣言20周年記念「平和の集い」に行ってまいりました。


【出演者(敬称略)】
渡辺美佐子(女優)
島本須美(声優、「風の谷のナウシカ」などジブリ系に多く出演)
小島幸子(声優、「バットマンビギンズ」の吹き替え版など)
三遊亭金馬(落語家)
観世榮夫(能楽師)
東恵美子(女優)
羽佐間道夫(声優、「ニュースプラス1」のナレーションなど)
野沢雅子(声優、「ドラゴンボール」の孫悟空など)
新谷のり子(歌手、「フランシーヌの場合」など)
夏川りみ(歌手、「涙そうそう」など)
井上あずみ(歌手、「さんぽ」「ビリーヴ」「君をのせて」などジブリ系)
林家一平(落語家、林家正蔵=こぶ平の弟)


結構な豪華メンバーでっせ。
それをタダでって…
新宿、金持ってんな。
さて、内容の方はというと

■オープニング
物語「茶色の朝(作:フランク・パヴロフ)」朗読
(要約、私の記憶の範囲で)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
戦中、大人たちは、皆「同じ色」であった…。
ある日、茶色以外の犬や猫は処分しなければいけないという法律が出た。科学者たちも、他の色の犬猫よりも、茶色い犬猫のほう「優秀」であるという結論を出した。
主人公とその友人は、法律にのっとって今まで飼っていた犬や猫を処分した。その頃、「毎朝の友」という新聞が廃刊にされた。この法律に対する批判記事を最後まで載せていたためだという。
主人公と友人は、自らのペットの処分についても、新聞の廃刊についても最初は悲しがったり、困惑したりしていたが、次第に慣れ、どちらも「普通」に感じるようになった。
法律通り、茶色い犬猫を飼い、政府の意思にのっとって書かれている「茶色新報」を読むようになったのである。どちらも、こだわる必要はない、いくらでも変えのきくものなのである。
そうして政府の意思にそむくことのないようにだけ気をつけつつ、快適に生活を送っていたら、「今まで、一度でも茶色以外の犬や猫を飼っていた者、身内に飼っていた者をもつ者は、時期はいつであれ罰せられる」という法律ができた。しかも、それは「国家反逆罪」として扱われるという。
もちろん、主人公とその友人も逃れることはできず…
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

果たして、過去をモチーフにしただけの「架空の物語」なのか?
今の日本は…?
朗読中に使われていたスライドの画像が9.11やアフリカの人々のみであったのがちょっと気になった。
「他人事」以外の話を出すのは難しいってのもわかるけど…



そして
■世代を超えて語り継ぐ
2005広島平和派遣者から
小学生数名+保護者1名による報告。被爆された方の話や、資料館見学で感じたことなど。
「子どもたちの平和の作文最優秀作品」
受賞者の作文を声優が朗読。
「子どもたちの平和のポスター最優秀作品」
スライドにて。
語り継ぐ
三遊亭金馬、観世榮夫、東恵美子のお三方による戦争体験談。東京大空襲を中心に。


作文については、最低でした。
小学生が懸命に書いたものが「きれいな声の声優さん」によって代読…

(ただ、「一生懸命書いた」といっても、半分以上は教師によって変えられているはず。小学生のストレートな声だけでは限界があるのも分かるからまぁ仕方ないが…。実際、小中学校のとき自分が書いた「人権作文」なるものを、学年だか全校の前だかで読むチャンスを何度か頂き、かなり、70パーセントくらいを推敲していただいた記憶がある。推敲後の作文には、かなり満足を感じていたが、果たしてあれはオレの作品として読んでよかったのか…。でも、よくわからないが何かの「大きな自信」には繋がった)

本人に読ませてやれよ。自分で読めば達成感もあるだろうし、自信も得られてステップアップに繋がるが、壇上で座らされて、目の前で自分の作文読まれている間本人はどうすりゃいいの?
恥ずかしくてたまらんだけやろ。
「平和の集い」相手の気持ちになるのが一番大事なイベントでこういうことやっちゃうって…
やっぱり「東京」だわ…




そして、戦争からは何も生まれないという小学生が多かったが、何でそんなこと言えんの?と思った。
ちゃんと利益が生まれるじゃない、自分が戦わないでエリートになりゃいいだけだよ、そうすりゃ安全なところで戦地の現状も見ず、テキトーな作戦だしたり、無駄に激励しまくったりしてればいい。大本営…

あと「考えるだけでなく平和のために何かしたい」という子についても疑問。なんだ?どうするんだ?まともに活動したらあっという間に殺されるぞ。発言するだけでも…
そして、募金はそれほど意味ない。
たいていは「あぁいいことした」っていう自己満で終わる。
表向きは色々謳っても、実際は活動に使われることない募金も多いらしいし…


ちなみに、これは両方小学生の頃自分が思っていたことと同じ。
所詮小学生。結局、何もできないで終わる。
高校卒業し、いよいよ大学生だ、という今になっても同じ。
所詮高校生。唯一学んだことは、小学生のときの自分が考えるより、よほど大きく、複雑で難しい問題であるということ。


難しい考えは置いといて、というのは通用しない。
ただし、一庶民に過ぎない「自分」が存在せず、政治家でもないのに大きな単位でばかり考えたがる奴もどうかと思う。
「ニッポンイチバン」の考えをもつ人の多くもそういうものだろうし、大日本帝国は悪いことをした、しかし今の日本とは繋げて考えない人、そしてアウシュビッツやら黒人問題やらを見て「かわいそう」とだけ思って満足しちゃう人たちもそうだと思う。

どういう背景を持ってあいてがそういう考えに至ったのか、必ず因果はある。
真剣に学ばねば。

ジジィババァども金馬さん、観世さん、東さんの戦争体験談は、面白かった。興味深いというより、スッと聞ける楽しさがあった。
笑いもあった。とくに金馬師匠。(←いつから弟子入り?)さすが噺家。

マックも言っていた通り、会場は年寄りだらけ。だからこそ笑えたはず。
私は大笑いはできなかったが…。
戦争経験ない世代が笑うのもなんか…、かといって気にして力みすぎるのもどうかと思う。

ディスカッション形式を期待していた人もいるだろうが、俺はそういう形式は好かない。表面的に議論して、それらしい結論しかでない。まともに議論するような強靭な奴がいたとしたら、そいつの一人勝ち、みんな不完全燃焼で終わるはず。

今回のように、聞く人自身が一つでも二つでも学べることを拾い、持って帰れる形式(ぼーっとしてたらあっという間に終わってしまうが)で良かったと思う。
会場のじいさんばあさんは色々思い出し、力みすぎず孫に戦争の話をしてくれるだろうし、少数派だった我々語り継いでもらう側も同じだと思う。







長くなっちゃったが、二部。コンサート。
■未来に向けて
新谷のり子「フランシーヌの場合」「鳥になれたらいいね」
井上あずみと新宿少年少女合唱団
「君をのせて」「風のとおり道」「さんぽ」「となりのトトロ」「ビリーヴ」
夏川りみ&吉川忠英「涙そうそう」「童神〜ヤマトグチ〜」「さようなら ありがとう」

なんと!一列目で見れました!!
りみ友のみなさんにひたすら感謝です。
そして受賞者の小学生にも。
ありがとうございます!!
posted by シマシマ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

またやってもうた

そういえば、帰り際また本を買ってしまいました。

すごくためになる本です。
3〜40分しか有効でない、各地方自治体発行の名刺サイズほどの証券(100円より。スポーツ観戦を伴う。なお、この収益金は献血車購入などの福祉事業及び、オリンピック選手団派遣の費用などに用いられている)を購入するのにはもちろんのこと、ちょこちょこと時事ネタが出てきて人並みには世の流れが分かります。
ギャグセンスもなかなか。

しかも、550円と廉価。


「二輪乃書ギャンブルレーサー七巻」
週刊モーニングからイブニングへ以降後の、ギャンブルレーサーの続編です。
なお、これで最終回らしいです。
もったいねぇ。

みなさん、「ギャンブルレーサー」シリーズ一度読んでみてくださいな。
好き嫌いハッキリ分かれると思いますが…

先日の社研合宿で、北九州、小倉は三萩野の地(競輪発祥の地)の近くを通り、競輪の繁栄を祈る気持ちを新たにいたしました。
競艇も面白いけど、やっぱ競輪だあね。

◎文句なしに人気のJRA

◎TUBEや小柳ゆきのテーマソングにより、ドラマチックさ、迫力を伝える競艇。美形男子選手(濱野谷だの山崎だの)や、女子選手の活躍なども人気の要因の一つ。そして何よりモンキーターン。

◎以前は「マイナー」の代名詞だったものの、元スマップの森且行の活躍、菊川令やゆうこりんをイメージガールにして売り込むオートレース。


そしてキャイーンや小池栄子を使うもののパッとしない競輪…
人気はあるっちゃあるけど、場内見てもこの先そう長くはない(←コラコラ)おっさんファンばかり。客層(野次の頻度などで判断、私が直接目で見た関東のみでの話ね。あとは地域によって色々違うだろうし、何とも言えん)も競艇より悪い…

競艇は下手に野次なんか飛ばすと浮くし、周りから睨まれるが、競輪は飛ばし放題。
ただ、ひとひねりもふたひねりもした上手い野次(というか、歌舞伎とかの掛け声の域に達するものも)が飛びまくるというのも楽しみではあるが…。
というか、そこが私ゃ好きなのだけどね。



あ、地方競馬は微妙かな。大井のトゥインクルとかは別だけど、ハルウララが話題になったのときの田舎の競馬場の状態のひどさも言われてたし…
次々と地方自治体が競馬事業から撤退し、開催する競馬場が廃止になることも増えてきてるらしい。そしてそこ所属の多くの競走馬は薬殺へ…(まずJRAで通用するレベルじゃない、またそれにより種馬にする価値もない)
あと、騎手の給料が一走数千円だったり…

競輪も2000年(かな?)に門司、西宮、甲子園の三場廃止になってるし、最初は単一の行政自治体でできてたのも、みんな撤退してくから組合を作って合同出資でやる状態になってる。
浜松のオートも廃止の話が出てたらしい。

あと、今の東京ドームの場所にはかつて12車立て(ありえない、普通き9車立て)の後楽園競輪があった。
大井競馬も大井オートが潰されて(伊勢崎に移転を余儀なくされた)ちょっとしてからできたもの。
この二つ廃止は当時の都知事、美濃部亮吉によるもの。

競馬は違うけど、競輪(福岡の小倉発祥)も、競艇(長崎の大村発祥)も、オートレース(千葉の船橋だったかな?)も戦後の日本発祥競技。
地理的に見ても、歴史をたどっても、経済学的に見ても面白そう。


そして未来への架け橋、韓国競輪(ソウルの蚕室、釜山近郊のチャンウォン、釜山)や韓国競艇。(ソウル近郊の美沙里)

小奇麗なカジノなんか要らない、「庶民」の歴史と共に小汚く歩んだ、三競オートの公営競技(西洋貴族発祥の競馬はちょっと…、でもまぁいいか)是非大切にしていって欲しい。
posted by シマシマ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。